RSS | ATOM | SEARCH
シニアからの職域開発ーメンテナンス、修理、リフォームの仕事
JUGEMテーマ:ビジネス

■シニアからの職域開発ーメンテナンス、修理、リフォームの仕事

中高年からでも求人のある仕事にビルメンテナンスの仕事があります。メン
テナンスの仕事はルーチン化した仕事でメンタル的に安定し仕事の習慣化にな
じむシニア層向きの分野と言えるでしょう。電気や機械、ボイラーや危険物な
どの資格の取得さえできれば就職の可能性は出てきます。知人でも危険物取扱
の資格をとりガソリンスタンドの会社に就職した人もいます。電気などの高度
な難関資格以外はハードルが高くはないものもあるのではないでしょうか。

ビルメンテナンス以外にも特定分野のメーカーの機械系のものについてのメ
ンテナンスに関する仕事もあるでしょう。フィールドエンジニアのように外部
の顧客先に設置した機械のメンテナンスの分野です。介護機器メーカーなどが
対象と考えられます。
機器や機械類などのハードウェアだけでなくITに強い人であればソフトウ
ェアのメンテナンスもあるでしょう。

生物に関わる分野では住宅の植木の剪定もメンテナンス事業でしょう。毎年
定期的に手入れをしなければならない分野はメンテナンス事業です。
環境分野では法人の事務所や店舗の清掃も、窓拭きもメンテナンスです。
更により広い意味での制度の運用メンテナンスなどにも広がります。

またシニア向きの分野には修理があります。修理は収益性が低いということ
で軽視されがちですが、ユーザーが大切に使いたいアナログ的な商品では修理
のビジネスが生きています。靴や鞄、着物、衣服、高級家具などが代表的なも
のです。高級なものでなくてもシルバー人材センターでは家具や家電の修理を
し修理品をリサイクル販売しているところもあります。

メーカー関係のライン製品の修理は社員が体制を組んでやっている必要不可
欠な分野であり、社内のシニア社員や定年後の契約社員がやっている場合が見
受けられます。いずれも適性としてシニア向きの仕事と認識されています。
今後のビジネスとしても、シニアだから多少人件費が安くてもやれる要素が
あれば、修理メンテナンス分野は開発の可能性があります。

リフォームビジネスはコストメリットが勝負です。マンションの配管など更
新時期に来ているものが多くあります。建設関係など新築、新設では高額な費
用がかかる分野が中心ですが、相対的に新規に購入するよりもコストメリット
があれば市場性は生まれます。

シニア層を働き手として職域を開拓していくには価格と経験、仕事のていね
いさなどが強みなります。NPO形態などでキャリアを活かした無理のない価
格での専門サービスなど更なる開拓が望まれます。

                                               キャリアコンサルタント 上田信一郎
author:ikigai, category:独立起業, 13:33
comments(0), trackbacks(0), - -
シニアからの職域開発ービジネスコンサルティングの仕事
JUGEMテーマ:ビジネス
 
シニアからの職域開発ービジネスコンサルティングの仕事

ホワイトカラー分野でシニアから現役時代のビジネスキャリアを生かす仕事
では、最も希望が多いのがビジネスコンサルティングの仕事でしょう。この分
野も教える仕事と同様、自己実現欲求に結びつき、やりがいがある仕事です。

○ホワイトカラーのキャリアが活きやすい分野

1企業の中でのキャリアでも産業全体、業界、職種、特定専門分野などでも
他の企業にとっても普遍性がある分野であれば、コンサルティングニーズがあ
ると考えてよいでしょう。特に実績のある企業などでの経験は評価がともなう
でしょう。しかし、必ずしも大企業の経験が中小企業で生きるとは限りません。
中小企業にとっても役立つ、現実性のある切り口が必要です。コンサルティン
グの仕事は、あくまでも顧客のニーズに沿ってサービスを提供できるものでな
ければなりません。

○ビジネスコンサルティングの分野

ビジネスコンサルティングの分野は多様です。ただし、あくまでも顧客ニー
ズのある分野で成立します。すでに古くなった技術分野の経験では役に立たな
いこともあります。時代変化が激しいのが現代ビジネスの特徴です。分野的に
は次のようなものがあります。

1.経営全般
2.マネジメント全般
3.生産管理
4.技術開発
5.営業開発
6.財務会計
7.広報宣伝
8.IT関連
9.人材教育
その他各種専門分野があるでしょう。

技術関係はシニアの専門受託会社や技術者派遣会社もあり、ニーズがもっと
も顕在化している分野です。

○経営コンサルタント、ビジネスコンサルタントになるための要件

一般的には経営コンサルタントと言われていますが、実際には経営分野以外
に幅広いビジネス分野でコンサルティングが成立しています。

では経営コンサルタント、ビジネスコンサルタントになるにはどうしたら良
いでしょうか。まずコンサルタントになるには資格は要りません。経営コンサ
ルタントという資格はありません。あるのは中小企業診断士ですがこれもある
と意味があるのは公共関連の仕事をする時くらいであとはないよりもあったほ
うが良いという程度でしょう。それよりももっと重要なことは他と差別化する
得意分野でしょう。誰でも知っている、できると言う程度の経験では外部のコ
ンサルタントに指導を依頼する意味がありません。社内の人材で足りてしまい
ます。

まず現役時代にやってきた実績を示す必要があります。そして現状の企業が
抱える課題を明らかにし、その解決を提案するなどの提案力が重要です。

○経営コンサルタント、ビジネスコンサルタントになる方法

経営コンサルタント、ビジネスコンサルタントになるには自分で仕事さえと
れればなれます。縁故人脈で仕事をとるのが基本です。知り合いの企業経営者
がいればそこから始めるのが一番でしょう。コンサルタントの能力や仕事は抽
象的で成果予測が見えにくいため、個人の信用・信頼が重要です。実際に仕事
の能力、人物を知っていることが依頼する場合の基本です。次に紹介でしょう。
紹介があれば信用をもたれます。

サラリーマン経験しかなく、企業の外部人脈が乏しい人は自分で仕事をとる
のが難しいという課題にぶつかります。その場合は、既存のコンサルタント会
社に登録する方法があります。コンサルタント会社も社員でコンサルタントを
抱えてはいますが、常時仕事があるわけでもないので多くは専門分野別にコン
サルンタントを登録しています。仕事が合った時に引き合いを出し決まれば発
注する請負方式です。基本的にコンサルタントは個人独立形態になります。

また各専門分野別に専門団体があり会員登録などをして、そこの共同受注な
どから仕事を受託する場合もあります。NPOを共同設立している場合もあり
ます。いずれも団体としての営業受注力がカギになります。

受注営業は人脈が決め手です。コンサルタントとして独立するには中小企業
トップや専門部門幹部などと人脈を作っていくことが重要です。


               キャリアコンサルタント 上田信一郎
author:ikigai, category:独立起業, 13:31
comments(0), trackbacks(0), - -
シニアからの職域開発ー講師からインストラクターまでの教える仕事
JUGEMテーマ:ビジネス

シニアからの職域開発ー講師からインストラクターまでの教える仕事

シニアから可能でキャリアが生き、むしろ年齢が強みになる仕事が教える仕
事です。そして、教える仕事は何よりも自己実現欲求に結びつき、やりがいが
あります。

○高まるビジネスマン出身の“先生”に対する需要

社会の変化や技術革新が激しい現代にあっては、従来の知識や技術が陳腐化
しやすい面があります。特に大学では、社会と分離した形で知識の体系が組み
立てられ、大学で学んだことは実社会で役に立たないという構造的な問題があ
りました。

しかし、大学教育改革が進み、魅力ある教育、役に立つ教育が問われ、実学
志向が強まってきました。そのため、企業や社会の先進的な実践を大学へも導
入するため、従来の大学教員では不十分でビジネスマン出身の先生への需要が
高まりました。

中でも理工系では産学協同の推進が進み、大学の持つ知的財産の企業での活
用と提携が進み、全体として大手企業を中心にビジネスマンの大学への招聘が
進みました。また、IT化の普及でITに強いビジネスマンが力を発揮できる
場も増えました。地方自治体でも市民に対する実践性のある講座ニーズが高ま
り、ビジネス経験や社会的活動の実践経験のある人材が講師になる機会が増え
ています。

○講師・インストラクターになるためのプロセスと仕事先

ではビジネスマン出身者が講師・インストラクターとして活躍できる仕事先
にはどのようなものがあるでしょうか。また、なるためのプロセスはどのよう
なものでしょうか。

プロセスは各人によって異なるでしょうが、社会で通用するキャリアづくり
が必要なことは言うまでもありません。

▽講師・インストラクターになるポイントは、
1.講習ニーズのある分野でのビジネス実務キャリア形成
2.ビジネスの新分野などでの専門講習受講
3. 〃 専門資格取得
4.専門団体での活動と肩書開発
5.著書の発行
6.Webの専門家マッチングサイトへの出店
などでしょう。

▽仕事先は、
1.大学・短大
2.専門学校・スクール
3.カルチャーセンター、大学エクステンションセンター
4.パソコンスクール
5.社員研修会社
6.セミナー団体、経営団体・各種団体
7.一般企業、地方自治体
8.Webの専門家マッチングサイト
9.自分自身による教室・講座主催
などでしょう。

                   キャリアコンサルタント 上田信一郎
author:ikigai, category:独立起業, 10:54
comments(0), trackbacks(0), - -